電子レンジ
の操作パネルの写真

私の職場にある電子レンジです。一見、何の変哲もない電子レンジ。

あたため時間を設定して、「スタート」ボタンを押す!たった、それだけの操作…

しかし、スタートボタンを押したつもりが、「とりけし」のボタンを押してしまったのです。しかも、何度も…

まず、上の写真のAの部分であたためる時間を指定しました。そして、すぐ右下にあるBのボタンを押したのです。この一連の操作の中で、私は、右上のCの位置の「スタート」ボタンには、全く気づきませんでした。

左上方から、操作していたため、右上のボタンに気づかなかった

その理由は、なんだったのでしょうか。上の写真のように、普段は電子レンジに向かって左側・上方から操作します。私の場合、時間指定をしてから、あたためますので、まずAを操作します。 左側・上方から操作しているため、その視線の先には、B「とりけし」ボタンがあります。そのBの位置と大きさ、なにより、文字の色(赤)をみて、思わず押してしまったのです。

はじめは、「あたため」のボタンを押しているのに、なんで時間設定が消えてしまうのだろうかと思っていたほどです。間違えて、「とりけし」ボタンを押していることにすら、気づきませんでした。

「とりけし」の文字色がピンクなので、あたためと勘違いしてしまう

原因としては、

  • 時間指定のボタンに比べて「スタート」ボタンが上にありすぎる。
  • 「とりけし」ボタンが時間設定ボタンに近い位置にある。
  • 「スタート」ボタンが白色で、あたためるというイメージを感じさせない。
  • とりけし文字の色がピンク色になっている!そのため、「あたため」ボタンだと勘違いしてしまう。

と、いったことが挙げられます。

「スタート」ボタンの下にある「あたため」ボタンを使ってワンタッチで、あたためれば、何の問題もないのでしょう。しかし、あたため時間を機械任せにすることに抵抗がある私としては、ついつい時間設定をしてしまうのです。そんな、わたしには、少々使いにくい電子レンジです。